ポリフェノールで美肌・若返り・ボディ成果という型

ポリフェノールの種類って案の定どれだけいらっしゃるの!?

野生には誠に!!5,000型以上のポリフェノールが存在すると言われています。

大きな分類としてフラボノイドがあげられますが、ポリフェノールの中でも、代表的なものを紹介したいと思います。

■ポリフェノールといった美肌のありがたい(^_-)-☆関係って?

ポリフェノールの美貌成果

ポリフェノールには、代表的な美肌成果として二つあります。

抗菌用途・・・熟睡不十分や、扇動を通じてできてしまったにきびや、肌荒れを防ぐキャパシティーが期待できます。

抗酸化作用・・・活性酸素を消し、細胞の退化を防ぎ変色・しわ・たるみからお肌を貫き通します。また、細胞が活発になり、皮脂の均整も良くなりお肌を乾燥から守ってもくれる効果が期待できます!

※抗酸化作用は、活性酸素を消し酸化を防いでカラダのサビ付きを防ぐ成果の事です。

その他にも有り難い【美貌白成果】もあるんですよ!

【美貌白志向のあなたは、要チエック!!】

ラズベリー、ブルーベリー、いちご、ザクロ、リンゴ、ナッツ仲間等に数多く留まる「エグラ酸」っていうポリフェノールには、メラニン色素の出現を抑制する効果がありますので、美貌白効果が期待できます。

また、イチゴや、ラズベリー、ブルベリーにはビタミンCも豊富なので相乗効果で変色、そばかすを排除できる効果が期待できますよ(^_-)-☆

美肌、美貌白を目指したい「そちらの、人々!」ポリフェノール♪積極的に体内に取り入れたいもとですよね!

■ポリフェノールの種類とボディ若返り美肌成果

アントシアニン

フラボノイドの一種で、ブルーベリー等の青紫色の色素の事です。眼の疲れや、かすみ眼、眼の起動の改変に役立つとされています。瞳病気病気警護に効果が期待できるもとだ。

生き物実験では、アントシアニンの白内障に対する成果も報告されているようです。

その他にも、生活習慣警護や動脈硬直、血圧急増を抑制する効果が期待できるもととされています。

アントシアニンを手広く用いる食べ物は、カシス、ナス、ビルベリー、ブルーベリー、ブドウだ。

現代人は、PC、携帯という知らないうちに眼を酷使していますねのでいちはやく、毎日の営みにサプリ等で取り入れていきたいものですね(^_-)-☆

カカオマスポリフェノール

カカオマスポリフェノールは、やっぱり予想がつきそうですよね?

そうなんです!

あの、チョコレートに手広く留まるポリフェノールです。

およそ、大好きな人が多いのでは!?

ちなみに、あたしは大好物だ♪ 笑

こういう、カカオマスポリフェノールはこんなに喜ばしいのに、一段と非常に著しい抗酸化力を保ち、悪玉コレステロールの出現を抑制するキャパシティーがあり、血をサラサラにし動脈硬直を予防するんです!

血行促進用途もあり、脂肪を燃焼させ、痩身にも効果が期待でき、扇動の勝利や、アレルギー事象を緩和する事も分かっています。

また、驚いたことに口内におけるミュータンス菌の繁殖を抑制する働きがあるので、虫歯警護にも役立ちます。

胃のピロリ菌の繁殖も抑えてくれる働きがあります。

チョコレートは、軽々しくてカロリーが良いから肥える!!虫歯の原因になって仕舞う!!って、食べたいけど控えてたユーザーには極めて朗報ですね!!

レスベラトロール

レスベラトロールは、サンタベリーやブドウなどに手広く留まるポリフェノールの一種で、ボディ件&美貌件とともに今世界中の医師らからも退化を防ぐ効果があるのではないかと大注目されている非常に力強い抗酸化力を持っているもとだ。

レスベラトロールは美肌、生活習慣警護、サーチュイン遺伝子=若返り遺伝子(普段は眠っている)の交替をオンにし、若返り成果も大いに期待できる話題沸騰中のもとだ。

レスベラトロールを豊富に組み込む食べ物の代名詞と言えば、ブドウだ。その他には、アーモンドやピーナッツの皮、ココア、プルーン等に手広く留まるポリフェノールだ。

また、赤ワインに手広く含まれていると言われていますが、本当は赤ワイン1本で約1㎎と、どうしても僅少だ。赤ワインでレスベラトロールを補充しょうというと先にアル中になってしまい逆に健康を壊してしまうね!

ですので、信頼できるクリエイターのアイテムや、確かなマテリアルで安易安全なレスベラトロールのサプリやレスベラトロールの水で効率よく摂取する事をオススメしたいだ。

※サーチュン遺伝子は、NHK優秀で一躍話題になった人体の細胞を活性化させる遺伝子で、若返り遺伝子や長生き遺伝子って言われていますね。

このレスベラトロール新商品がわかさ生活から出たんですよ。

別ページですがレスベラトロールについてとても細かく書いているページがあるんですよ。

偶然見つけたので気になる方は見てみてくださいね(^_-)-☆

レスベラトロールピュアとレスベラトロールの水

カテキン

カテキンもフラボノイドの一種で、緑茶等に含まれている苦みもとで、抗菌用途や抗酸化作用を持っています。

抗酸化物質のCEOですビタミンEの抗酸化力の誠に!約50ダブルってカテキンは言われているほど手強い抗酸化作用を持つと言われています。

また、際立つ消毒用途もあり、口の中でのばい菌の繁殖が抑えられ虫歯や口臭警護にも効果が期待できるもとだ。

感冒をひいたら、昔から緑茶でうがいをすると良いと言われたのにも正しく事由があったんですね。

ところでカテキンを多数盛り込む食べ物は・・・?

あなたも、知る(^_-)-☆緑茶だ!

お茶の中でも緑茶がカテキン数量ダントツですね!

ウーロン茶、紅茶などにも含まれてはいますが・・・折角なら沢山含んだ緑茶を健康のために飲みたいですね。

また、カテキンを効果的に飲み込むには、茶葉を粉末として丸々呑むのがマキシマム成果あり!!だそうです。但し、無農薬、低農薬の物を選ぶことが大切ですね。

そういえば、緑茶で有名な静岡県の掛川では、癌患者が少ないって聞きました。

イソフラボン

イソフラボンは、納豆、大豆、油揚げ等の大豆料理に数多く含まれている、ポリフェノールだ。

細胞を活性化させる働きがあります。

またイソフラボンは、レディースホルモンのエストロゲンという素晴らしく迫る動くをする結果、おっぱい強化成果やレディースらしき見かけにする効果が期待できます。

レディースホルモンが掛かるは、美肌になったり、人肌がワントーン明るくなったり、しわが目立たなくのぼる等、うれしい成果が沢山期待できますよ♪

ルチン

ルチンは、いくぶん聴きなれない方も多いと思いますが、ルチンはお蕎麦に数多く含まれているポリフェノールです。

血管を柔和で強くしたり、高血圧警護や、動脈硬直警護効果があると言われています。

また、血行を良くして受け取る効果が期待できるので、女性に多い冷え性改変、そして体温が上がって免疫強化やリラックス成果も期待できそうですね。

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、コーヒーにたっぷり含まれているポリフェノールだ。

コーヒーポリフェノールとも言われ、これもまた硬い抗酸化作用がある栄養素で、様々なボディ成果が期待でいらっしゃる。

クロロゲン酸の成果・インパクトは?

クロロゲン酸の成果・インパクトは沢山あるので箇条書きとしてみましょう。

■痩身成果

脂肪の積み増しを押さえ付ける働きがありますので、肝脂肪を予防することが出来ます。

肝脂肪は、肝臓に脂肪が蓄積された状態です。これを放置していると重大な病気に発展しかねませんので。

また、日本でもクロロゲン酸を含むコーヒーが【トクホ】の暴露で販売されている事例からも痩身成果、デブ警護の効果が期待できそうですよね!

但し、何でもいいからと言って、呑みすぎには注意ですよ!

過ぎたるは猶及ばざるが如しですね。

■コレステロールの調整

クロロゲン酸には、善玉コレステロールの起動を高めて、悪玉コレステロールを肝臓に戻して受け取る効果が期待できます。

■血糖実利の値上がり食い止める

クロロゲン酸には、血糖実利の急増を押さえる働きがありますので、食事は、特に野菜から、たんぱく質、炭水化物(食べ物)をの順番で食べると血糖実利が同時に上がらないとされていますが、食事前にコーヒーを1杯呑むのも良さそうですね。

■退化調整用途

カラダの退化は、サビ付き!詰まり「酸化」が原因です。クロロゲン酸の非常に激しい抗酸化力で酸化を警護し、いつまでも健康で幼くあり続ける効果が期待できます。

その他、クロロゲン酸を含む食べ物には、【ごぼう・プルーン・ジャガイモの皮】等があります。

そう言えば、ごぼう茶ってブームになっていた事ありましたよね!今もですよね!

■ポリフェノールは生活習慣警護にも役に立つ用途がいっぱい?

ポリフェノールは、血圧や血糖統率血行促進、健康脂肪の節減にも呼び掛ける型もありので生活習慣警護効果も期待できます。
緑茶のもとです「カテキン」は肝臓で出来上がる胆汁酸の排便を促し、血中のコレステロール実利の急増を抑制する働きがあります。

ウコンにおいていらっしゃる、クルクミンは胆汁の分泌を活性化させる結果、コレステロール実利の劣化が期待できます。

その他、ウコンは二日酔い阻止で有名ですよね!

■ポリフェノールを調べると、耳にするフラボノイドって何?

ポリフェノールの大半は、フラボノイド関係でして、ポリフェノールを大きく分類すると2型になります。

色素でできている【フラボノイド関係】って色素以外の【フェノール酸関係】だ。

そうして、本当はポリフェノールのおよそ90パーセントがフラボノイド関係で、ポリフェノールの中でも重要な色素もと仲間だ。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンや、緑茶に含まれるカテキン、大豆において要るイソフラボンなどが代表的なものです。
ただし各色素もとを通じてキャパシティーや、成果が事が異なってきます。

イソフラボンなら、レディースホルモンというキャパシティーや、アントシアニンなら、眼に有難い等になります。